2018

国内学会

周至文(D3)、小野寺純也、平木俊光、安藤めぐみ、田中譲二、小山隆太、池谷裕二、アストロサイトのcAMPによる記憶の双方向制御、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月28日、3P-023

小野寺純也(M2)、永田英孝、小山隆太、池谷裕二、ニューロン由来のBDNFによるマイクログリアの貧食制御、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月28日、3P-022

野口朝子(M2)、松本信圭、池谷裕二、in vivo海馬CA1野錐体細胞間の膜電位相関、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月27日、2P-215

西村侑也(D2)、佐々木拓哉、池谷裕二、前頭皮質ニューロンin vivoパッチクランプ記録および海馬神経細胞テトロード記録の同時実行技術の確立、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月27日、2P-219

鹿野悠(D3)、佐々木拓哉、池谷裕二、海馬神経細胞は分単位の時間経過に相関した活動を示す、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月27日、2P-216

小此木闘也(M2)、中山亮太、佐々木拓哉、池谷裕二、高架式十字迷路クローズドアームにおけるマウスの中枢及び末梢活動の変動、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月27日、2P-196

八幡洋輔(M2)、池谷裕二、マウスにおける退屈様行動、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月27日、2P-188

岡本和樹(D3)、池谷裕二、Reentrant excitation in hippocampal CA2 microcircuitry、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月27日、2P-048

鹿山将(D2)、佐々木拓哉、池谷裕二、成体マウス海馬へのヒトiPS細胞由来神経細胞の移植法の検討、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月26日、1P-118

高夢璇(D1)、池谷裕二、Depolarization-induced sensitization of layer 2/3 pyramidal cells in mouse granule retrosplenial cortex、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月26日、1P-136

佐藤元重(M1)、松本信圭、野口朝子、小此木闘也、佐々木拓哉、池谷裕二、Simultaneous monitoring of cardiac and respiratory signals with patch-clamp recordings from mouse brains. 第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月26日、1P-079

佐藤由宇(M1)、宮脇健行、大内彩子、野口朝子、山口瞬、池谷裕二、組織透明化によるWhole-cell記録細胞の迅速な再構築、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月26日、1P-076

星雄高(D2)、柴崎貢志、小山隆太、池谷裕二、社会性ストレスによる深部体温の上昇がマウスの行動に与える影響、第41回日本神経科学大会(神戸)、2018年7月26日、1P-070

小島寛人(D3)、実吉岳郎、林康紀、池谷裕二、The CaMKII-TIAM1 signal complex in behavioral memory、第18回東京大学生命科学シンポジウム(東京)、2018年6月9日、105

笠原由佳(D4)、上田英輝、小山隆太、池谷裕二、Microglia regulate the development of dentate neural circuits、第18回東京大学生命科学シンポジウム(東京)、2018年6月9日、92

岩嵜諭嗣(D3)、池谷裕二、Coordinated neuronal activity between the hippocampus and the retrosplenial cortex、第18回東京大学生命科学シンポジウム(東京)、2018年6月9日、89

星雄高(D1)、柴崎貢志、小山隆太、池谷裕二、社会性ストレスによる体温変化が行動に与える影響の解明、日本薬学会第138年会(金沢)、2018年3月28日、28J-am09S、学生優秀発表賞

鹿山将(D1)、鈴木郁郎、小田原あおい、佐々木拓哉、池谷裕二、ヒトiPS細胞由来神経細胞とヒトiPS細胞由来アストロサイトの共培養による同期活動の促進、日本薬学会第138年会(金沢)、2018年3月28日、28J-pm19S

平木俊光(M2)、小山隆太、池谷裕二、小児期の高熱が神経回路形成と将来の脳機能に及ぼす影響、日本薬学会第138年会(金沢)、2018年3月28日、28J-am02S

小此木闘也(M1)、中山亮太、佐々木拓哉、池谷裕二、高架式十字迷路試験におけるマウスの末梢臓器の活動状態と大脳皮質活動の関係、日本薬学会第138年会(金沢)、2018年3月28日、26PA-pm202S、学生優秀発表賞

包力高(研究員)、新型電解水に関する応用とその展望、第12回内モンゴル乳業展示会兼シンポジウム(フフホト)、2018年3月27日

中嶋藍(特任助教)、マウス嗅覚系における神経活動依存的な回路形成機構、The 5th Chemosensation and Behavior Workshop(熱海)、2018年3月13日

竹内春樹(研究員)、梨状皮質の神経活動パターン解析、The 5th Chemosensation and Behavior Workshop(熱海)、2018年3月13日

牧野健一(D2)、池谷裕二、ラットにおける洞察様学習の発見とその解析、第138回日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、P-5、
優秀発表賞


小此木闘也(M1)、中山亮太、佐々木拓哉、池谷裕二、マウス不安様行動における大脳皮質と末梢生理活動の定量評価、第138会日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、P-4

八木佐一郎(M2)、井形秀吉、鹿野悠、青木勇樹、佐々木拓哉、池谷裕二、直線経路課題における海馬場所細胞の発火変動の解析、第138回日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、P-3

鹿山将(D1)、鈴木郁郎、小田原あおい、佐々木拓哉、池谷裕二、ヒトiPS細胞由来アストロサイトはヒトiPS細胞由来神経細胞の神経回路の同期活動を増加させる、第138回日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、P-2

宮脇健行(D3)、洲崎悦生、山口瞬、上田泰己、池谷裕二、脳血管網3Dイメージングのための血管鋳造法および組織透明化手法の開発、第138回日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、B-14

小野寺純也(M1)、小山隆太、池谷裕二、BDNFを介したニューロン・マイクログリア相互作用、第138回日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、A-2、優秀発表賞

笠原由佳(D3)、井形秀吉、佐々木拓哉、小山隆太、池谷裕二、熱性けいれんフェノタイプに対するGABA受容体作用薬の影響、第138回日本薬理学会関東部会(東京)、2018年3月10日、A-1



国際学会

Noguchi, A.(M2), Matsumoto, N., Ikegaya, Y. Dynamic coupling of membrane potentials between in vivo hippocampal CA1 pyramidal neurons, 11th FENS Forum of Neuroscience (Berlin, Germany), 10 July 2018, B081

Iwasaki, S.(D3), Ikegaya. Y., Neuronal activity in the retrosplenial cortex during resting brain states of freely moving mice, 11th FENS Forum of Neuroscience (Berlin,Germany), 9 July 2018,F18-1424

Okamoto, K.(D3), Ikegaya, Y., Hippocampal CA2-CA2 excitatory synapses, 11th FENS Forum of Neuroscience (Berlin, Germany), 9 July 2018, F18-1198

Sato, M.(M1), Matsumoto, N., Noguchi, A., Okonogi, T., Sasaki, T., Ikegaya, Y. A simple method for simultaneous monitoring of respiratory and cardiac function in mice. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 5 July 2018, PO4-1-146

Gao, M.(D1), Ikegya, Y. Spike properties of granule retrosplenial cortex L2/3 neurons, The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 5 July 2018, PO4-1-115

Aoki, Y.(D1), Igata, H., Sasaki, T., Ikegaya, Y., Light-guided running behavior induces direction selective spikes of hippocampal neurons., The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 4 July 2018, PO3-1-68

Okonogi, T.(M2), Nakayama, R., Sasaki, T., Ikegaya, Y. Variability of peripheral and central organ activity patterns of mice in an elevated plus maze, The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 4 July 2018, PO3-1-53

Hoshi, Y.(D2), Shibasaki, T., Koyama, R., and Ikegaya, Y. Social defeat stress modifies behaviors via the elevation of body temperature, The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 4 July 2018, PO3-1-47

Hiragi, T.(D1), Koyama, R., Ikegaya, Y. Effect of neonatal hyperthermia on brain function. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 4 July 2018, PO3-1-9

Okada, S.(D1), Igata, H., Sasaki, T., Ikegaya, Y., Spatial representation of hippocampal cells in response to aversive stimulus in a T-maze task., The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), July 2, 2018, PO1-1-4

Yagi, S.(D1), Igata, H., Shikano, Y., Aoki, Y., Sasaki, T., Ikegaya, Y., Hippocampal neurons firing is variable across laps in a linear track task, The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), July 2, 2018, PO1-1-18

Andoh, M.(D1), Koyama, R., and Ikegaya, Y. Live imaging of synapse engulfment by microglia in vitro. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Kyoto), 2 July 2018, PO1-1-114

Andoh, M. (M2), Ikegaya, Y. and Koyama, R. Exercise reverses behavioral and synaptic abnormalities after maternal inflammation, Microglia 2018 (Heidelberg),19 March 2018, 47

Koyama, R., and Ikegaya, Y. Brain hyperthermia activates microglia to engulf inhibitory synapses in epilepsy. Microglia 2018 (Heidelberg), 19 March 2018, 23 (Selected as a short talk)

Nakashima, A., Ihara, N., Ikegaya, Y., Takeuchi, H., Patterned, but not synchronous spontaneous activity of developing olfactory neurons regulates olfactory receptor-specific axon sorting, Keystone Symposia A2: State of the Brain: Genetic Dissection of Brain Circuits and Behavior in Health and Disease (Keystone, Colorado), 14-18 January 2018

Katori, K. (M1), Manabe, H., Ikegaya, Y., Takeuchi, H. Sharp Wave-Associated Activity Pattern of Olfactory Cortical Neurons in the Mouse Piriform Cortex, Keystone Symposia A2: State of Brain: Genetic Dissection of Brain Circuits and Behavior in Health and Disease (Keystone, Colorado), 14-18 January 2018



国内シンポジウム

小山隆太(准教授)、池谷裕二、マイクログリアによるシナプスE/Iバランスの破綻とてんかん原性の獲得、第95回日本生理学会大会(高松)、2018年3月29日

佐々木拓哉(助教)、海馬神経細胞の同期活動の特徴と生理的意義、第50回神経細胞懇話会(東京)、2018年3月27日

佐々木拓哉(助教)、Effects of mental stress on cortico-cardiac interactions 、次世代薬理学セミナー2018(東京)、2018年3月10日

佐々木拓哉(助教)、Hippocampal network dynamics in support of spatial working memory 、The 4th CiNet Conference "Neural oscillation and functional connectivity:from anatomy to perception" (大阪)、2018年2月28日

小山隆太(准教授)、マイクログリアによる脳内温度情報の感知と神経回路再編成、温度生物学の展開(東京)、2018年2月11日

佐々木拓哉(助教)、培養ヒトiPS細胞由来神経細胞の構造・機能解析、公開シンポジウム「ヒトiPS分化細胞を用いた医薬品の評価法開発と国際協調」(東京)、2018年2月8日

佐々木拓哉(助教)、脳と末梢臓器のつながりを理解するための大規模計測法の開発、第8回「産と学をつなぐSENRIの会」(大阪)、2018年1月25日



国際シンポジウム

なし



国内講演

小山隆太(准教授)、てんかん原性の獲得におけるマイクログリアの関与、社会行動研究会(福井)、2018年1月23日、招待講演



国際講演

なし





過去の学会発表

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年以前

,